人と環境に役立つエコ・プラン潟<bセコーポレ-ション

お問い合わせは…メール:messe@kankyo21.com Fax:06-6972-0068 

廃棄物削減と炭の2次利用・自動炭化装置
廃棄物削減と炭の2次利用・自動炭化装置
炭化装置についてよくあるQ&A
廃棄物でお困りの皆様へ
自動炭化装置・限定特別価格

 ・環境科学討論会
 ・農業有機肥料と問点
 ・ゼロエミッションサイクル

潟<bセコーポレーション・会社概要
潟<bセコーポレーション・代理店募集
潟<bセコーポレーション・お問い合わせ
潟<bセコーポレーション・リンクページ
みんなで止めよう温暖化・チームマイナス6%

 エコ・プラニング
アドバイザー
炭が地球を救う「新自動炭化装置B-VOX510」

 

世界に発信・・・「地球温暖化抑止」のため,CO2を25%削減!

廃棄ゴミでお困りですか?

それは食品残渣?下水汚泥?家畜糞尿?廃木?魚肉野菜残渣?

ただ燃やすだけでなく、有機性ゴミなら何でも炭化処理できます。

低温炭化装置』で減容と同時に高品質な炭にし、有効に二次利用します。

なおかつCO2を発生させません。捨てるものが無くなります。

最終目的は、ゼロエミッションによる低炭素社会の実現です。

 

   新製品完成!

   従来の炭化装置では出来なかった各種油化・炭化処理が

新開発の「過熱水蒸気式炭化装置」一台で全て出来るようになりました。

世界初!

低温炭化装置に変る夢の万能炭化装置ついに完成!!
  

低温炭化装置⇒過熱水蒸気式炭化装置 (世界特許出願中!)

詳しくはこちらhttp://www.messe-hp.jp

 

 <主な特長>

・一般ごみ・生ごみ・プラスチックごみ等を分別せずに炭化!

・含水率が90%の原料や丸太でもそのまま炭化できる!

・熱分解方式で純度の高い、レアメタルの分離収集ができる!

・油化処理・炭化処理が同じ装置で同時に出来る!

・出来た炭化物が装置の燃料になる!

・酸素を使わず、燃やさないので炭化物が高品質!

・熱分解方式なのでダイオキシン・CO2等が発生しない!

・装置価格、燃料費が非常に安い!・・・等など

*日量処理量は3tから5000トン、1万トン以上も可能。驚きの低価格!


 
詳しくはこちらへ http://www.messe-hp.jp



あなたも炭作りに参加しませんか

日本のゴミ問題は年々深刻になり、21世紀はまさにゴミ列島と化してしまいそうです。
こんな状況下で脚光を浴びているのがゴミのリサイクルを実現する炭化技術です。

例えば農業の場合、今まで焼くか捨てていたモミガラや木くずを炭化装置で炭化炭にすると、良質な土壌改良や飼料、園芸肥料として 立派に役立ちます。また家畜の糞、コーヒーカス、汚泥も高品質な炭化炭に仕上がります。現在、炭は汚水の浄化や空気中の悪 臭除去、建物の湿気除去、さらには2次商品として、発酵、化学反応、微生物混合などこの高品質な炭化炭の開発により次々に新しい利用法が出来上がっています。

このような時代の流れをいち早くとらえ画期的な自動炭化システムが開発されました。                     今まで捨てていた 有機性廃棄物を容易に高品質な炭にできる炭化技術をぜひお役立てください。

一般的な炭化炉からできる炭は、ほとんどが消し炭に近い炭で、燃えるようその炭酸カリュウムがほとんど無くなっています。弊社の炭化炉は、均質な高純度の還元炭(炭素の含有率が非常に高い)を作り出し、なを且つ炭化ムラがありません。  したがってどんな利用目的であっても効果が高くなります。

 

『各炭化炉との機能比較

1)「バッチ式炭化炉」

一回ごとに素材を投入し一括して炭化処理をする方法。平均的な炭化処理時間は、約8時間、投入時間、取り出し時間、冷却時間、合わせて16時間かかるため24時間で一回の炭化処理しか出来ずタイムロスが大です。
良い点は炭化物をそのままの状態で投入できます。しかし粒度がまちまちなので乾熱温度を高温に設定するため燃費がかかります。

又固体が大きい物、小さいものとでは焼成が一定しないため、排出される炭化物の安定性にかけます。他に含水率の高いものには不向きです。

弊社取り扱い炭化炉:24時間フル運転が可能なので、タイムロスが無く又粒度調整が可能なために、出来上がる出炭物の形状が安定しています。独自のブレンド方式により高含水率の素材でも対応できます。

2)「電気型式炭化炉」

電子レンジの応用で、物質にかける温度は低く設定されてはいるが、電圧が大きいので電気の使用量が多大にかかります。そのため素材のほかに石炭とか、マグネシウムなどの発火物をを混入させて温度を上げているものもあります。発火物の混入で出炭されてくる物が純粋かどうかは疑問です。他に還流ガスの取り扱いにも疑問が残るところです。

弊社取り扱い炭化炉:燃料は、灯油、A重油、ガスなどでも対応でき、定温になるとキルン内の物質が、噴煙となって自燃し、温度を安定させるため外部燃料が不要となり、還元により素材から発生する乾留ガスを二次燃焼させ、再生エネルギとして活用しています。

3)たて型スクリュウ方式炭化炉

内部管と外部管の二重構造で遠心力を応用し、内部がまを回転し、素材を回転させながら焼成します。連続投与が出来る利点はありますが、たて型のため内部温度に安定性がなく、常に高温1200℃くらいまで上げなければならないので、燃費に問題があります。他に高温ゆえ小固体物は灰になってしまいます。出炭した後に振り分けが必要になるので作業場の問題が残ります。

弊社取り扱い炭化炉:投入始動時から500℃の定温を保つ事ができます。出炭までの約40分間、キルン内を移動しながら炭素化するため常に安定した炭に仕上がります。

4)連続投入式炭化炉 Aタイプ

ロータリキルンを使用しているのは同じですが、素材の送りにスクリュウを使用しているため、材料の目詰まりを良く起こします。スクリュウ及びラセン式送りですと、一定の速度で焼成するのに高温部分の接触面積が多くなり、その結果灰分が出てしまいその用途に疑問が残ります。

弊社取り扱い炭化炉:定温500℃のキルン内部を物質が踊るように行ったり、来たりしながら還元焼成することに成功しました。この事により、高温部分に物質がなるべく接触しないことで、灰分がなく、かつ バラつきのある素材でも、小さいものから先に出炭し、大きいものは後から出炭します。この事は素材が大きい物は、還元焼成時間が長くなるので調整が可能になりました。この方法は新開発されたキルン内部構造上の大きな特徴です。

5)連続投入式炭化炉 Bタイプ

弊社炭化炉と形状はほぼ同じですが、大きく違いがあるのは、キルン内に直接火力を入れている点です。この方法では、まず酸素が入ってしまうので炭化ではなく、燃焼過程における灰になる手前、分かりやすく言いますと消し炭になってしまいます。消し炭と墨炭(炭化炭)とでは大きな違いがあります。又酸化する事により有毒ガスの発生が問題になります。そして灰分が出ます。

弊社取り扱い炭化炉:キルン内を無酸素雰囲気に保ち、素材が含有している元素を熱の高低によりガス分解し、除去していく方式です。(還元方式) かつ投入直後に発生する気散水を冷却しますと、木酢液隣有効活用できるシステムになっています。                     

尚 直火型(酸化型)では、バーナー火力が直接キルンに当り、鉄、ステンレスなどの溶解温度まで上がってしまうので、機械の酸化を早めてしまいます。*弊社炭化炉は、炉内部には直接火力が当らないように工夫されています。(感熱方式)

注:鉄の溶解温度・・・1400℃    ステンレスの溶解温度:・・・1600℃

他に 活性炭製造方法の高圧高温蒸気の炭化システムもありますが、これはボイラーであるため、危険物取り扱いの免許が必要になります。低酸素型 活性炭は燃料には不向きです。

弊社取り扱い炭化炉:危険物取り扱い免許は不要です。消防法の届出は設置タンク容量で決まります。

このケージのTOPへ

実用小型自動炭化装置

装置の特徴

● 感熱式上下2層構造(乾燥・炭化)にすることで熱効率を高め最適の温度制御調節が可能となり設備コストを低減、設置スペースも少なくなりました。

● 外部に排出される乾留ガスを独自のシステムで2次的に強制燃焼。またその熱を炉の中部に投入することにより、燃料の消費の削減を実現しました。

● 低温で炭化する事により、物質本体が持っているチッソ・リン・カリ・ミネラル分を残し炭肥料としての使用が可能になりました。

● 温度制御により弱酸性の炭と弱アルカリ性の炭と使い分けられます。

● 連続自動運転が可能です。取り扱いが容易になりました。

用途

● 炭・有機肥料・活性炭その他環境改善資材としていま最も用途開発が期待されています。

  炭を利用した新商品を次々開発中です。

新炭化装置B-VOX501
このケージのTOPへ

新自動炭化装置



株式会社メッセコーポレーション

〒537-0025 大阪市東成区中道4丁目14番19号
TEL 06-7502-1104 FAX 06-6972-0068
E-Mail messe@kankyo21.com

無料出会い系 | 障害者 | メンズ・レディース | ジムカーナ | 習い事 | 敷金トラブル | お買い物 | ローズアリュール | 医療事務 通信 | | ダイエット |
無料出会い系 | よしもと | 無修正 | 中国語学習 | マスク | ツボ | 三味線 | 無料 | 総量規制 | サプリでバストアップ | 競馬情報 |